〼研のゴミ箱

マッスル研究会の構成員が自分が考えてることを表明します。

動機付けの観点から見たロコというアイドル はせ

ゴミみたいな文章しか書けないから人からの評価に飢えるっていう負のスパイラルに陥ってるはせがわです。


今回初めて?特に好きって明言してるアイドルの話します。

色々前提入れつつ書いていきます。多分短いです。



注意:このセクションでは「アイドルの人気」の話をしています。不快に思う方もいらっしゃるかと思うのでその場合は次のセクションに移ってください

まずこれは今回のことを考えるきっかけになった話なんですけど


最近シンデレラガールズさんの方で「声なしにSSRがつく可能性が」っていう話題が盛り上がったんですよね。そのときによく見かけた意見として「不人気だとか言ってるやつは相手の立場に立ってねえからPを名乗らないでほしい(意訳)」みたいなやつがあって。

これ正しいんですけど、なんというか


「人気」を無視しなきゃいけないのってなんか違うんじゃないかなって。



シンデレラガールズさんでは高森藍子喜多日菜子本田未央を好きって言い張ってるやつが言っていいセリフではない気もするんですけど。




実際ここで怒りを露わにした人の意味合いとしては「ろくに知りもしない知ろうともしないやつらが勝手に語ってんじゃねえ」みたいなのがそこそこ大きな部分を占めてる、と勝手に思っててその主張は正しいと思うんですけど


「不人気」って言うから悪いし「不人気」を悪いものとして捉えてるから悪いんじゃないのかなぁ、って。



不人気っつってるオタクもそうだしそれに憤慨するオタクもそうだし。

これは言ったら怒られるのかもしれないけど、「私はアイドル」の歌詞にもある「まだ私に気づいてない遅れた人たち」ってことが1番大きいんじゃないかなぁって。



実際人気不人気を完全に無視してブラックボックスに入れちゃうと露出の多寡は魅力そのものの話になっちゃうし。それこそ許されないでしょ。



んで、自分でもその辺「どう感じるか」を考えたくて色々考えてみて気づいたんですよ。



あまり話題には上がらないけどロコは「不人気」なのかもしれない、と。



これめちゃくちゃ怒られそうなんで結構ビクビクしながら書いてるんですけど、実際「人気」のバロメータとして測られるようなものに関して彼女が好成績を収めていることはあまりない、ような印象があります。


このときこの現状に憤慨するでもいいんですよ。それも1つの手かもしれない。でもどうせなら「なんでこうなんだろう」を考えたい。せめてそのステップは踏みたい。



そして「魅力に気づいてもらえてない」可能性を考えたんです。



じゃあ彼女の、ロコの魅力って果たしてなんなんだろう。


自分はなぜロコというアイドルを好きなのか。



実際入りたては初めて買ったLTPが12でミリオンの入りはそこからだった、ってところなんですよね。




ただそれはあくまでも機会の話で、じゃあおまえ今ロコのなにが好きなの?って言われたらなんて答えるんだろう、と。




1番大きいのは彼女が「表現者」だからなのかな、って。

過去記事とか、この記事も含めて読んでもらえればわかるかとは思いますけど自分は自分の思いを表現して人に伝える、ってことが苦手で。

絵を描くのが嫌いすぎて小学校時代温厚で有名だった先生に反省文書けって怒られるくらいにはなにも描かなかったりしてて。


多分その中で彼女に触れて。「自分」を表現することをここまで楽しそうにしてて、それでいてこだわってて、その「職人」感みたいなのが好きなのかなぁと。


あと単純に可愛い。


で、ここでロコの「イメージ」との乖離を考えたんですよね。ロコってどういう扱われ方してるんだろう、って。



正直めちゃくちゃ真剣にコンテンツに向き合えてる自信はそこまでないのでイメージの話になっちゃうんですけど、


「みちこ」「コロちゃん」


って呼ばれて「違いますってば〜〜〜!」って言ってるロコ、多い気がしません?


これは公式だけで考えてるわけじゃなくてロコが誰かと絡んでる、っていうものについて見たときのイメージです。


今は2人しか挙げてませんけど、杏奈と絡むときも昴と絡むときも雑に(雑ではなくて可愛がってる感じですけど)扱われて「うあ〜〜!」って感じでロコが反応してる、みたいな構図が多いなって。



でもこれロコPに聞くとそこよりもむしろ「ドヤ顔」とかの方が好きだったりする人もいるのかなぁとか。
その割にはドヤ顔の供給比較的少ないよなぁとか。


ロコの「役割」みたいなものを感じちゃって、「可能性の塊」だと思ってる身からすると少しもどかしさを感じてしまうことがあります。


あと、ロコといえば有名(?)な話として「キャラバンで干しまくったときのセリフ」があるんですけど、簡単に説明すると


全国キャラバン編っていうグリマスさんのお話があって、その中でアイドル達をお仕事させてファン数稼いでいこう、みたいなのがあったんですよね(うろ覚え)
んで、その中でアイドルを長いことお仕事させなかったりするとどんどん機嫌が悪くなっていくんですよね。
機嫌が悪くなると大抵のアイドルは「私、なにがダメなんだろ…」みたいな重い重いセリフぶち込んでくるんですけど、その中でロコは

「プロデューサー!新しい企画書、ここに置いておきますね!…前に渡した企画書へのオピニオンも待ってます♪」


って言ってたんですよね。


実はこれ自分で確認したわけじゃなくてTwitterで確認して初めて知った話だったんですけど


これ初めて知った時は雷に打たれた気分で。


解釈間違えてるかもしれないけど、仕事が回ってこない中で自分で色々模索して「これはどう?じゃあこれは?」って提案してきてくれる。すごいと思うとともに自分と比べて不甲斐なさを感じてちょっとショックを受けたんですよね。


そういう面、っていうのもあんまりフィーチャーされてはいないのかなー、とか。そこばっかりだと聖人になりすぎちゃってそれはそれでよくないのかもしれないです。



これも余談。今度は自分自身の話です。


とはいっても何度かここで書かせてもらってる話なんで手短に。


Pドルっていうものが苦手で、原因としては

「アイドルが人として俺を好きになってくれる理由が見当たらない」

ことと

「アイドルがアイドルであることをやめなくてはいけなくなるような状態で人を好きになることへの違和感が拭えない」

ことが挙げられて、


大きな原因として自分は何かの物事に「理由」ないし「そこから導かれる結果」を求めてることが多い、ってことに気づいて。


ただ同時に「理由のない好き」がめちゃくちゃ強い力を持ってることも確かであると感じられてるっていうジレンマを抱えてはいます。

だからではないけどとりあえずさっき上げた2つの違和感が拭えたらPドル許容できるのかな、とかは思います。

結局まだ許容できてないからいつかどこかで見かけた「STEREOPHONIC ISOTONICはPへのラブソング」論に対して「自分はロコを見つけてきたPではない2人目以降のP」という立ち位置を目標に置いてます(そもそもまだ担当を名乗れる「理由」「結果」を見つけられてないのでPですらないですが)



じゃあ今までの話を踏まえた上で本題。


ロコアートについて。



これは彼女の自己表現であり、もちろん彼女を語る上で絶対に外せないものだと思ってます。



アイドルになる前の彼女にとって、


これは「楽しい」からやっていたことだと思うんですね。


少なくとも周りを気にしている様子は見られない。


つまりこれは「内発的動機づけ」による行動と言えると思います。



それではアイドルになってからのロコはどうなんでしょう。


流れとして「(ロコを見出したロコの最初の)Pはロコアートの最初の理解者であり一番の理解者(唯一の理解者である・あったこともあるでしょう)」というのがあります。これは自分が触れていない頃のラプンツェルイベあたりでも出てきた話だと伺っております。



ロコアートの最初の理解者が現れ、「評価」されたんですよね。


評価、っていうのはいわば報酬、つまり「外発的動機づけ」とも言えるのではないでしょうか。



ここで、「過正当化効果」の話をしましょう。
自分は学がないためニュアンスが違うかもしれませんが、過正当化効果とは

「内発的動機づけが与えられているときに外発的動機づけを与えると目的が報酬になり内発的動機づけが減少する」

というものです。


つまり、理解者が現れたロコは「楽しい」ではなく「Pに評価されるために」自己を表現していく可能性があるということが言えると思います。



これは自分が触れていない範囲ではありますがラプンツェルイベでは「Pだけがわかってくれれば…」といったニュアンスのセリフがあったと聞いております。違っていれば申し訳ございません。


これはある種「評価」を報酬としている例として挙げられるのではないでしょうか。



しかし過正当化効果はすぐに問題が出るものではありません。


報酬が与えられているうちは。



ここで先ほどの「STEREOPHONIC ISOTONIC」の時の自分の解釈を振り返ります


「自分はロコの最初のPではなくて2人目以降のP」


…今までの仮定をそのまま適用するとこの解釈がとても危険なことがわかります



「最初の理解者であり1番の理解者」からの評価(フィードバック)をおこなうことが非常に困難な環境。過正当化効果により内発的動機づけが減少しているロコは報酬を目的としてしまっている。その場合彼女はこれまで通りロコアートを作るのか。そして彼女にとって最初のPはどういう存在になるのか。



おそらく最初の答えはNoでしょう。

そして次の答えはおそらく自分が忌避している「Pドル」かそれに限りなく近いものでしょう。





しかしロコはロコアートを作り続けている。



つまり今までの仮定になにか間違いがあった、ということ。



Pとしての立ち位置は正直ここで正解。おそらく。


まず自分自身がロコの最初の理解者になってやれる気がしない。これはなにが悪いかって話で言えば自分の感受性の問題。

そして何より、ロコがPの交代によって彼女の自己表現をやめるということがあってほしくない、というエゴがあるからでしょう。


アイドルになる前のロコの原動力は間違いなく内発的なものであったし最初の理解者であるPからの評価は彼女にとって報酬たり得るものであるはず。


それではなにが間違っているのか。


おそらく、「間のステップを飛ばしてしまっている」ことである。


自分はそう考えました。



具体的には、

「ロコは一度ロコアートへの意欲を失ったタイミングがある」

といったところでしょうか。


そしておそらくこれこそがラプンツェルイベの「Pだけがわかってくれれば…」の近辺なのかなぁ、と、勝手にそう思ってます。


確か実際のラプンツェルイベでは未来?にアートを壊されたとかがトリガーだったように記憶しています。



しかしロコはたしかに、一度ロコアートを創らない、もしくは創る頻度が大幅に下がるということがあったのではないか。



そう妄想してしまいます。



キャラバン編でのあのセリフはどちらなのでしょう。



報酬のために躍起になっているのか、


それとも一度割り切った上で「楽しい」を追い求めているのか、



……はたまた、「Pラブ」の表れなのか。





個人として1番収まりがいいアンサーは「一度答えが出て『楽しい』を求められるようになった」です。






ここまで浅瀬みたいな記事を読んでいただきありがとうございました。



解釈や記憶等々間違っているものも多々あるかもしれません。もしそうでしたら申し訳ございません。



少しでもロコについて「どうなんだろう」と思っていただいて、考えをぶつけていただけると嬉しいです。



正論がくると打ちのめされてしまうかもしれませんが、今回は打ちのめされようと思います


改めて、ここまで読んでいただきありがとうございました。


はせがわ

陸の孤島からガラパゴスへ はせ(7/21 21:28訂正)

おひさ〜〜〜、でもないか


はせがわです


そう、今日もはせがわです。いい加減お前は頭悪いんだから黙ってろとか言われそう。でも書いちゃう。




今さっき(非同時性のコンテンツで時系列を明確にしないやつは云々)TLに「ミリオンライブが嫌われる理由」みたいな記事が「内容がなさすぎて」ってひとこととともに流れてきて読んでみたんですよ


本筋ではないんで引用もせずに適当にまとめると(ネットリテラシーの欠如)、「ミリオンライブは金稼ぎのネタであったのが大成功したデレを模倣して作ったものだからデレのオタクからもASのオタクからも忌み嫌われて、結果として中途半端な人気だったからグリーも終わったしシタも不評(どうやら書かれた時期は2018年初め頃だったらしく、追記で「無料ガチャのおかげで人気出てよかったね」みたいなことも書いてあった)なんだよなぁ、っていう自称ライバーの自称古参老害765ASのオタクの記事だったんですけど、


まあ内容として憶測多いなーこれ信用しようにもなーみたいな感じだったんでそこはどうでもいいんですけど(人のふり見て我がふり直せ)、これ読んでて



「まあ否定はできないよなぁ」とは思ったんですよね。



これはミリオンライブを悪く言うとか擁護するとかって観点を抜きにして、って話なんですけど。



(まあそもそも展開されてる理論がまず立証として不十分なんだから否定する必要もないってのはあるんですけどそれはまた別の話なんで置いときます)



なにが問題かって、はせがわは基本的に「ミリオンを忌み嫌ってるとするとされている層」にほぼ出会わなかったってことなんですよね。



この研究会に所属してからは何人かオタク見てきましたし、確かに思い出してみればASからのオタクは少なからずそういう「本筋であるはずのASがとってかわられる」感じに対しての強い懸念を示してたなぁとかはあるんですけど。(そういう意味ではさっきの記事も正しいのかな?って思ったけどデレミリまとまってるから根拠にはならなそう)



逆に言えば研に入るまでの2年くらい?はほかのマスのオタクと関わる機会ってまあなかったんですよね



オタクなりたてのときはマスのオタクが身近に3,4人いましたけど結局未だにマス、というかデレステやってるやつが1人だけだしそいつも音ゲーついででちょっとキャラかわいいよね程度(違ったら怒られそう)で声優やライブに興味があるわけでもない、みたいな感じだったんで基本的にアイマスのオタク、って感じだったやつは身近にいなくて



なんの話だ。ってなるでしょ。今書きながら休憩挟んだら俺もそうなりました。気をつけます。




初期のはせがわはオタクがどう感じるのか、どう感じてるオタクがいるのか、ってものがない状態だったんですよね



だからこそ目に見えたものを「これが正しいのか」って鵜呑みにし続けてたんですけど


Twitterもちらっとやってて、当研入る半年前くらいにP垢的なの作って色々情報入れていったんですよね



だからかもしれないけど、人に流されやすい割に頑固、というか凝り固まった考え方をする今のはせがわが形成されたし、そうじゃなかったら今頃はせがわはオタクをやってないのかもしれないな、って思ったんですよね




それだけっちゃそれだけ。




だからかな、最初に紹介?した記事に対しても「あ、そういうもんだったのかなぁ」ってなったし、正直興味はなかったですね




だって俺がマスに触れた頃まさにムビマス公開時期だったからそれが普通だったし




ASのなにかを知りたいときに手軽に触れられるミリオンライブさんの存在はありがたかったし




だからもしかしたらアレなのかな、ASのオタクは「俺のアイマスの箱は13人用」ってなってたのかな、とは思いますね。だとしたら色々大変。




いろんな、とは言いつつも単騎凸で心の安寧を保ってたりグリでドリ走りを楽しんでたりっていうちょっとしたズレ以外は割とライブ寄りのオタクの皆さんと会って話して、ゲームやるオタクになろうって意気込んだはいいものの結局ただ享受するだけが1番楽でヘラヘラしてられるなぁとかは思っちゃったんではせがわはそういうオタクです(自己紹介)(オタクの定義から外れてそう)




これと近い話?で、公立中学出身ではない故に多様性への理解ってものができてなくて中でオタク社会にどうにか適合しなきゃって思いから来るのかもしれないですけど、連番するとちょこちょこ連番のオタクを気にしちゃう(特に身内だと)んですよね


嘘高まり、とまではいかないけどなにか同調しようとしちゃう節があるのか、結局楽しみきれてないみたいなところはあって



これはほかのオタクも言ってたことなんですけど、たまにオタクの高まりが「うーん、それはさすがに嘘とまでは言わないけど過剰じゃない?」ってなっちゃうことがあって。





アイマス以外の現場にほぼ行ったことないけど基本的にどの現場でもそんな感じなのかなぁとか自分を憂いてるんですよね




もしかしたら一回くらい単番でライブに行くべきなのかもしれない



周りのオタクの話聞いてると「ライブは知り合いと連番してこそだよ!!!」っつってて、「あー、なんか違うんだろうなぁ俺」みたいにちょっと悲しくなりがち。






とここまで割といつも通りに自分語りをひたすら続けてきたんですけど、どうするのがいいのかなぁって思って。



1つ考えたのは「身内の幅を広げること」ですかね。それこそ多様性じゃないけど集団の母数、というよりは感覚としては説明変数増やして決定係数あげようみたいな話ですね。


問題として自由度調整したときに上がってないとただ変数増やしただけで説明能力が下がっちゃうってのはあるんですけど

そのためにはまるちこりにありてぃ?とかいうのをなくせばいいんで、オタクたちが一人一人従属せず独立性を保っていてくれて、かつコミュニティが広がってくれるとはせがわ個人としてはありがたいなーって感じですね

{7/21 21:28訂正}[決定係数まるちこりにありてぃとは別問題か、気にしないでね(はぁと

まあ自由度調整がそもそも必要なさそうかなーってのが今のとこの答えですかね?このあとなにかに当てはめるためのモデルにするわけではないですし(1地点で考えちゃうと時間軸とブレそうではあるけど例えが適切じゃないで一蹴されそう)

まるちこりにありてぃさんの話自体は別件として思ってることなんでそのまま受け取ってください()

]



今ある身内で盛り上がっててもまあ楽だし楽しいんですけど



はせがわも当研入ってから流されっぱなしなんですけど



少なくともアイマスについて、



確固たる自分、確固たる意思みたいなものをはせがわ含め持っていただけると



少なくともはせがわの糧になるから、



なんというか



オタクたちとマスの話がしたいんですよね。




「お前とはなにも話したくねえよ」
ってのはあるかもしれないですし、


「コンテンツについてバカみたいな頭の使い方したくねえよ」って人もいると思うんですけど



アイマスが好き、で集まったオタクたちだから



アイマスの話はしすぎるくらい話せるようになりたい。



です。



所信表明。




……消されそうだなぁ()


アイマスにわかのはせ

アイマス世界における双葉杏 はせ

すごい、なんかアイマスの話をめちゃくちゃしそうなタイトル!


はせがわです。お久しぶりです



高菜が喋ってたんで乗っかって書いとこ〜って感じででれぽの件について書きます




どっから話そう、じゃあまず卯月で。



卯月は今回の件でまず「杏の投稿(bot)なくて寂しい」と発言し、それに賛同したほかのアイドルとともに、オタクたちから「イジメだよ〜〜〜」って言われる状態の構築に一役買って(?)再開に対して「杏ちゃんよかったね」と発言したわけだけど



島村卯月の情報がデレアニからほぼ入ってると思しきはせがわからすると「もしかして成長してない?」って思ったんですよね。




デレアニの島村卯月といえば「自分はどうしたい」がないために後半わけわからんくなっちゃったわけだけど



今回誰も何も言ってなかったところにふと「寂しい」を発言できてるんですよね



まあ自分に直接関わることではないから気軽に言えた説もありますけど



そして大事なこととして「寂しい」と思ったことはおそらくまぎれもない事実なんですよね。



これは桃華美穂まゆ(まゆはややテイスト違う感じはあったけど)にも言えることだけど、彼女らは思ったことしか発言してないんじゃないかなって。



このあと出てくるかもしれないけどアイドルって最近神格化されてきてるから、その考えを適用するなら「彼女らは発言する際にイジメなどを考えることはない」ってのが確からしい主張だと思うんですよね。



思ったことを素直に発言してくれる、そんなアイドルたちなんじゃないかなって。




仮に「寂しいとは思ったけど発言はしない」状態考えましょうか。実際にそういうアイドルもいたかもしれませんし。


あなたのところの子がそれでいいですか?
せっかくのSNS、思ったことを発信してほしくないですか?


もちろん、「それは対外的に言うことじゃないしうちの子は言わない」のかもしれませんけど、183人いて誰も思いをSNSで発信してくれないのはでれぽの意義が損なわれてる、とはせがわは思うんですよね



そして大事なことだけど、思いは捻じ曲げちゃいけない。


公式のライターが書いてるって話はあるのかもしれないけど、まず一回あれを島村卯月の、櫻井桃華の、小日向美穂の、佐久間まゆの「思ったこと」として受け入れなきゃいけない。



それがこのコンテンツにおける運営との関わり方なんじゃないかなって。



「プロデューサーはごっこ遊び」。正しいと思うんです。そのごっこ遊びの中でメタ的な発言を続けてしまうとごっこ遊びは終焉してしまうかなって。もちろんある程度のそういう要素は必要ですし「中の人の要素取り入れ」とかってのも(あれはライブとゲームとをつなぐ1方策だと思ってます)見方によってはそれに入ってきますしメタ的な視点を忘れた頃に導入してみると世界が広がるとは思うんですけど



少なくとも今あなたが追いかけてるのはアイマスの運営じゃなくてアイマスでしょ。それは忘れないでほしい。





次はどうしよう、そんなに長くならないし清美かな。



清美の行動はなにも問題ないしなにも言うことないですよね。多分。



これPaアイドルの良さだと思うんですけど、彼女ら「出しゃばれる」んですよね、本来。



その観点でみるとあとあとちらっと触れますけど諸星きらりとか本田未央の流れを見て「オタクにPaの長所は受け入れられないんだな」って感じてます。



ほかのアイドルがメインっぽいところで2,3人目とかで置いとくと場を盛り上げつつPaアイドル自身の見せ場も作る。そんな感じ。違ったらコメントしてね(これに限らず間違えてたら指摘欲しいです)


ここで大事なのは、「メインのアイドルがいるからってそいつだけにスポットが当たってればいいわけではない」ってこと。今書きながら気づいた。


メインのアイドルだけで見れば「あいつがきたせいでうちの子が映る時間減ったやんけ」ってブチギレてなんらおかしくないんですよね。


ただそれってステージなりお仕事の成功で考えるとあくまでも局所的最適解じゃない?ってなるんですよね




パレート最適(意味があってるのかあやふや)の観点で捉えてほしい。というかそうしないとPaの良さが良さじゃなくなっちゃうし。



全体としてのバランス?バランスっていうとよくないな、なんて言えばいいんだろ

CoPa片面究極持ちのPaアイドルいてもフロント残りがCuPaのCuだらけだったらCuPaのPaに変えた方がいいんじゃない?みたいなあれです(計算してないから例えとして不適切かも)



これ見て「変えない方がいい場合もあるだろ」って指摘、ごもっとも



ただそういう場合だけじゃない。



じゃあ今回の件について見てみましょう。


双葉杏botをさも自分のつぶやきのように見せ、実際に多くのアイドルが騙された(ということはファンも騙されてる可能性がある)(騙すって表現が悪いって話は置いといてください)

②それに対して冴島清美が注意をして止めさせた



とりあえずここまで。これ見ていただくとわかるんですけど、「止める」判断はまだしも「注意をする」判断は必要なんですよね


それをするのが誰かって話。


ここで諸星きらりが出てきても良かったとは思うけど、ここで諸星きらりが出てくるとそれはそれででれぽの良さが損なわれると思うんですよね。



あんきらの供給だいぶ多すぎるくらいな気はするし。



んで冴島清美。妥当だしむしろめちゃくちゃいいライン。「止めさせた」ってところも含めていい調整。


だと思うんですよね。冴島清美が出てくるのはある種「そのまますぎる」かもしれないけど「そのまますぎる」で受け入れられるのが冴島清美の良さ、「出しゃばり感」かなって。



唯一問題だった点をあげるなら「反省がマジすぎる」だと思うけどむしろそれは冴島清美の特徴出てて愛しいですよね。いとしーさー、って感じ。冴島清美は沖縄出身。


(そういや冴島清美のワイドさんで缶バッジのオタクいましたけど冴島清美って沖縄から上京して中学(?)高校?に通ってるんですかね?誰か今度教えてください(調べろ))



次。じゃあオタクの話しよっか(ネットリ)



「最近デレステでひりつくオタク多くないか?」って話をよくみるしこれは確からしいと思うんすよね


統計データないんで「デレステ実装前のコンテンツひりつき」「デレステ実装後のデレステ以外でのひりつき」「デレステでのひりつき」の回数のデータとかほしいですよね。ひりつき率をまとめて二項分布として差の検定でもしてみたい。それぞれの確率低すぎて有意な差がなさそう。



まあ仮に「デレステでひりつくオタクが最近多い」を確かであるとしましょう。そうじゃない場合はここから先(次の話題まで)流し読みしてください、


なんでひりつくんだろう?を一応確認しましょうか。



はせがわが支持してる説は

デレステっていう比較的歴が浅く本流であるモバマスに対して声付きしかほぼ出てこないゲームだからこいつらが言うことは浅い」ってバイアスがかかってる

説。



特徴として「デレステ運営は」とは言っても「デレマス運営は」って言ってるオタクが少ないこと。


「住み分けできてるね〜〜〜偉いね〜〜〜」で済ませてもいいけどその住み分けが恣意的?なんて言うんだろ、「デレステへの攻撃してやるぞ」って感じがしちゃうんですよね。


昨今オタク界隈で「マウンティング」の話が出てくるようになりました(これはオタク含め人間がが知恵を身につけている過程だから起きてることであり成長の一歩だと思ってます)けどこれもその「マウンティング」に近いのかなって。




「運営のおかしい点に気づける俺」(1人称に他意はありません)(炎上ガード)に酔ってるんじゃないか?って思いでいます



はせがわもその節あるけど、「俺はこれを知ってる」って喚き散らすオタクは「幸せ」を考えてほしい。



プロデューサーさんたるものSMARTMARKであってほしいよ。俺そうなれてないけど。


多分SMARTのつもりなんでしょうね。はせがわもそのつもりなのかもしれない。



ひりつくのは別にいいけど毎回「ライターがクソ」しか言わねえから正直うんざり。ごっこ遊びを楽しむための努力をしてくれ。言い方が悪い。




あとは「ミリシタと比較して」説も提唱されてましたね。実ははせがわこれには懐疑的で、ミリシタが注目される前から、というか始まる前からラブデス佐久間まゆでひりついてましたしツインテールでひりついたときまだミリシタはそれほど注目されていなかった、というのが感覚としてあるからですかね?あとミリシタが褒められているのはライターじゃないからデレステでライターが叩かれてる話の直接の原因にはなり得ないのかな、という印象。


みなさんの「説」、お待ちしてます。




じゃあ最後、かな?杏の話します


騒ぎになってから一連の流れ見て一番違和感があったのは実は双葉杏なんですよね。



例の「イジメ」リプツリー、佐久間まゆに対して双葉杏

「大丈夫!悪用なんてしません!正しく楽しく使います!…チラッ。」

っつってるんですよね。これ見て「あれ?こいつこういうこと言うの?」って。



まず前提としての話してなかった。すくなくともはせがわの認識ではデレステはデレアニも歴史の一部分として含めたうえでの新しい世界線です。違ったらこっそり指摘してね。


んで、ここからアイドルの神格化の話になるんですけど。


例を挙げるなら諸星きらりとか佐久間まゆなのかな。本田未央もそんな感じあるけどよく知らな過ぎて言葉で言い表せない(にわか)。

きらりであればアニメ以降、「母性の塊」としての側面が強く出てるんですよね。「杏を拉致」とか「はしゃいでクラリスに説教される」とかとは無縁そうな。

まゆが「あなたたち、邪魔。」って言わなくなったのも最近の流れの中でなんでしょうね。



これ別に悪いことだとは思わないんです。どっちの側面もアイドルそのものではあるんでしょうし。ただこの二人しかり本田未央しかり、「すばらしいアイドル」だらけだなぁと。



はせがわ自身初期(は知らないけど)のシンデレラガールズさんの雰囲気の混沌とした感じはちょっと苦手でしたし今の方が楽に向き合えてはいるんですけど。



話それてきたな。戻そう。

双葉杏も割とそんな目で見てて、アニメ以降(?)「自分の利益に直接関係しないところであれば一歩引いたところから全体の空気感を考慮しつつ時にはゲーム理論的な考察を交えて行動する」感じで動いてることが多かったと思うんですよね


その考えでいくと、今回の杏ってbotがバレた時点で自分の利益ほぼないと思うんですよ。んでその仮定に基づけば「再開したい」に思考がたどり着くプロセスが見えなくて。


「再開した方がいいらしい」だと思うんですよ、杏からすれば。


これは勝手なイメージなんですけどあのタイミングではせがわのイメージの中の杏は
「えー、いいよー。めんどくさいし」
とか返してたんですよね。


その発言をすればA(頭文字に意味はないです)ってアイドルと
A「普段から呟いてね(はぁと」
杏「え、そっちの方がめんどくさい」
みたいな流れから冴島清美に「じゃあbotであることを明記するなら」って再開を促すこともできたんじゃないかなー、とか。無理かな?
なにより一歩引いて見られる杏なら「見る人によってはいじめっぽく見えてしまうかも」と思ったのでは?だとしたら悪ノリが正解だったのか?みたいな疑問が噴出します。というかしてます。


双葉杏しかり星井美希しかり伊吹翼しかり、「天才」が評価に入ってくるタイプのアイドル(こうやってくくるとまた怒られそう)を過大評価しすぎてる可能性はある。


って話をこの前オタクにしたら「再開すれば活動してる感出るから利益ではあるんでしょ」とは言われました。たしかに。一応反論として「TL汚すのとか杏嫌いそうだし自分でやるのかな?」って考えはしましたけど今まで以上に憶測が過ぎますし。


んで、ここまで考えて気づいたんですよ。はせがわ無意識のうちの「双葉杏は『めんどくさい』をすべてに出している」前提で喋ってることに。


これ正しいのかなって。仮にこれが間違っている(双葉杏はファンに対してはただの「かわいいロリ体型JKアイドル」でやってる)とするとさっきのはせがわの仮定はすべて崩れるんですよね。「めんどくさい」の発信は彼女にとっての不利益になり得るから。



ただ「めんどくさい」を出しているとする理由みたいなのはいくつか挙げられるんですよね。

①あんずのうた
→まあ一番わかりやすいかなって。CM曲の立ち位置って結構微妙だけど(メルヘンデビューの「プロデューサーさんは」のくだり)。メルヘンデビューに関してはアイマス世界でもファンは「プロデューサーさん」だとすれば問題なさそうだし現実の問題もある程度解消しそう。それ明言されたらはせがわしんじゃうけど。ただあんずのうたはまぎれもなくそのままだから理由になるなぁと。

②性格の表出の問題
→これに関しては弱そうだけど「めんどさがりつづけてるのに外でずっとそれでやっていけてるわけなくね?」って。それこそデレラジゲストのシンデレラガールズ劇場さんで思いっきり「もう飴舐め終わったからおしまい~」って感じのこと言ってるし。さすがに隠してる杏さんがそんなへまはしないので隠してないんだろうなぁと。

③今回はせがわが引っ掛かった発言にしかりでれぽ全体
→これが今回の説明では一番しっくりくるのかな。でれぽの対象者がみてるところで「…チラッ。」とか言ってるのもあれだし、今調べてきたけど初投稿が「なんて強烈な5月病…!」だし7/2には「不真面目なのは、なにも間違ってないんだけどなぁ…。」(不自然な読点)(知ってるオタク)って発言してるんででれぽの公開範囲がアイドル内のみとかいうトチ狂ったことやってたとしてもなににしても今回のでれぽ発言で「めんどくさい」を発信することに問題はなさそうなんですよね。


それもあって納得はそこまでしてなかったりします。そこまで騒ぎたいわけでもないけど。


有識者のご意見、お待ちしてます。



SNSの例でTwitter挙げると「いやあれはマイクロブログwwwwwww」って言ってくるタイプの人とは話し合いができない気がしちゃうはせがわ

りりです。

今更だけど、担当がデレぽでひりついてたので書くか。

経緯
1.双葉杏が大石泉に何かを頼む発言をする。

2.双葉杏が毎日朝7時丁度に挨拶をする。(所謂bot)

3.冴島清美からbotの指摘を受ける。

4.島村卯月双葉杏の挨拶がなくて寂しいという旨の投稿をする。

5.満開組が双葉杏の挨拶についての投稿をする。

6.冴島清美が反省し、双葉杏botを再開する。この際、島村卯月は「良かったね、杏ちゃん」という投稿をする。

今回のひりついてる理由は清美の扱いですよね。
5で、美穂が清美の名前を出したことで、叩いているように感じる人がいた。
6で、卯月から清美に対するフォローがなかったことも更にイジメをされているように感じる人がいた。
こんな感じかな

まあ、まず5までのところを読んで思ったのは、いや、なんでひりついてんの?ってことです。
少なくとも、まあ自然な反応でしょ。
彼女らは、いっぱいフォローしてるわけではないから、朝開いたら杏の挨拶があるだろうし、なくて寂しいというのも自然。
清美の考えがわかるというのを述べるというのも自然でしょう。

6を読んで思ったことは、ここでの卯月の反応も、自然なものかなってことですかね。

なので、満開組は悪くないと僕は思うよ。

清美が指摘したことは、ごもっともで、というかそういうキャラだし、自分の正しいと思ったことをしたというだけ。

杏も、botを運営すれば、オタクからのいいねが飛んでくるからしただろうし、ひいては、自分のPR、最終的には不労所得での暮らしに繋がるから、デレぽを有効(?)に利用したというだけ。

結局悪いのは、変に現実のオタクの感じを引っ張ってきて勘繰ってしまったオタクなんじゃないの?

デレぽは、結局現実の世界ではないから、現実の世界の考えが100%適応されない世界なんだよ、優しい世界なんだよ。

コンテンツを生かすも殺すもオタク次第

また、支離滅裂な文章を書いてしまった気がする。

りり

笑いたきゃ笑うがいい はせ

取り締まられそうなタイトル。ワンフレーズだからセーフ。はせがわです。




一回更新してからついったー眺めて「これ書く!!!!!ねえ!!!!」ってなるやつになったんで書きます。安定感。



共感性羞恥の話が前にオタクたちとの会話の中で出てきて。



物語の中で主人公なり登場人物があからさまに勘違いをしている、恥をかくことが確定している、とかそういうのが無理なアレ、だと思ってます



その結果デレアニ6話とかなかなか見られないって話をしたら共感性羞恥持ちのオタクに微妙な反応されたんではせがわのは別件かもしれません。かなしい。



最近のキーワード、というか最近キーワードであることに気づいたワードがあって、それが度々登場してる「矮小なプライド」ってやつなんですけど


これもそれなんですよね多分



カニズムはよくわからないけど。学んでから出直せ。ごめんなさい。




まあ前置きはこのくらいにして。



つい今さっき(ブログ記事の文面としては致命的にクソ)みりったで152億pt達成したらしく。


デイリーのカード4枚をもらうだけやってたはせがわとしても報酬強いしうわーすげえなーとかそんな感じがありました。




問題はそのあと。



運営からのお知らせで「達成しました。参りました。」(意訳)って感じのが書いてあってオタクたちが「草」とか「めっちゃ笑う」とか反応してて、これに限らずみりった運営さんはちょこちょここういう距離感の近いお知らせが多かったと思うんですけど、




なぜかドン引きしちゃって。



「え?マジ?反応過敏すぎない?」みたいな感覚?がはせがわを襲ったんですよね。




いよいよこれは確定だな、と。


対象客じゃねえな?、と。




マジな話、多分「走った」実感が少なからずある人は自分へのフィードバックとして捉えられるからポジティブに捉えられるんだと思うんですよね。ググってもしかたない。




アイマスの運営、めちゃくちゃサービス精神旺盛だとは思うんですよ。


オタクたちが勝手に金と体力消耗して疲弊しちゃうからせめて小ネタで癒す、って感じで。



ただ今回のはちょっとサムい気がしちゃったんですよね。。。。



‪ミリシタ運営に苦言を呈してミリシタに触れずグリマスの思い出話がちらっとできる程度。



ついに老害ってやつだ……と割と愕然としてます。




ってことで色々絶望はしてます。



羞恥の心を今回持ってしまったこと、これが敗因だなぁ。直接原因ではないのはそれはそうだけど。





なら懲りずにこんなウンコ投げてる事実に恥じらいを持てって思ったオタクは黙っててくれ。いや別に黙らなくていいや。俺を褒めろ。フクちゃん。





今日またもう一回くらい記事書きそうでこわいはせがわ

業務連絡

最近の記事の内容があまりにもアイマスに関係ないので、総合的に見てアイマスに比重が置かれてない記事は下書きに送りました。
これからもぜひ思った通りの記事をバンバンと公開してください。止めません。むしろ推奨します。
面と向かって言えないことでも文章にすれば話せることもあります。そういった機能があるならばそれを活用しない手はないでしょう。
ただ、このブログの体裁を管理する為、だいたい一週間したら下書きに送らせてもらいます。
送られたらまあそのままです。好きに引き取って140字に収めてつぶやくなり、アイマス要素と絡めて再び公開するなりしてください。
下書き化の基準は僕の主観です。開設者権限ってことでよろしく。

同志

文句ばかり言う奴は何をやってもダメ はせ

連続投稿ぅぅぅぅ。3時。寝ろ。




本当に一個だけ。仕方のないことなのかもしれないことはわかってるんだけど




たまにTwitterとかで見かける「デレステの(アイドル)が〜」「ミリシタアニメ化しないかな〜〜〜」みたいな系統の「コンテンツ名をゲーム名とかで呼ぶ奴」めちゃくちゃイラっとするんですよね!!!!モバマスもそうだしグリマスもそうだしコミカライズ展開も、なんならデレはアニメもあっただろ!!!!!あのアニメには喜多日菜子とかはそもそも映り込んですらいねえんじゃ!!!!!!!その「ステ」とか「シタ」とか「アニ」とかつけるのやめてくれ!!!!!!!!






温厚。

はせ